<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
群れでの生活!(考える事その1)
まぁ、普段の生活に困ることもないと思っていたのですが、
新年早々、「なんでー!?」なんて、考えさせられる事にぶつかって
しまいました。

我が家の場合、室内で犬と生活を共にしています。
私が犬4頭に目が届いている場合は、野放し状況の時間が長く、
行動を犬に任せている部分が多いのではないかと思ったのです。
犬同士が微妙に、くつろぐ時、私の側に来るタイミングと、距離の
とり方を考えているなぁ〜って、思います。
それが自然ではなく、お互いが暗黙の了解で意識していると、ストレス
が、知らず知らずうちに、溜まっているのではないか?と。

本気で眠りたい時や、かまって欲しくない時は、バリケンへとさっさと
入ってしまうので、そんなに気にしていなかったのですが・・・

つまり、
人間と1頭の犬で遊ぼうとする時、必ず邪魔をする犬が出てきたり、
気がつくと、同じ犬が私の側にいたり・・・

人間が介入するほうが、犬同士で順位が暗黙に決まって、
人間がいない時は、人に頼れないから、反対に順位が出来上がってなくて、
それは違うのではないか?
つまり、1番年下の犬と遊ぶ時、1番威張っている犬の見えない場所で
遊ぶのではなく、見える場所でも文句を言わせないで、遊ぶこと。
を、やってみたいわけです。

人間に頼って1番だと思っている犬との距離のとり方が、ぜんぜん出来て
いないと痛感したわけです。
先ず、室内での野放しの状況を、見直したほうがいいのではないかー?
と・・・

オペラの存在で、今まで考えなくても良かった犬の育て方の間違いが
どんどん、明るみに出てきています。トホホ。。。
でも、時間がかかっても、自分が納得できる方法で、ゆっくり軌道修正
が出来ればと、前向きに頑張りたいと思っています。

さて、何から始めましょう・・・(^^;

* 16:44 * comments(3) * - *
暮らす。。。
私自身、犬に躾をしなきゃ〜って、ことがあまり好きなタイプでは、
ありません。
出来れば、普通に暮らしている中で、いろいろとお互いが楽に生活
していければ、いいなぁ〜なんて、サボりなことばかり考えています。

こんな話を以前、犬飼の人にしたら、私みたいな性格の人は、猫と暮らす
ほうが、幸せじゃない?って腹正しげに言われた事があります。

犬と真剣に向き合っている人にとっては!?
確かに、メリハリがあり、テンションが高く、声が大きく、陽気で、
指示を的確に出し、リーダー的存在で、毅然とした態度の人が、犬にとって
頼りがいがあって、いいのだろうなぁ〜なんて、思います。
仕事がら、指導するってことは、理屈ではわかっているのですが、、、

でも、完璧であったり・・・!?マニュアル通りにされたら・・・!?
犬との新しい発見は、生まれないかもしれません。。。

犬と年がら年中一緒にいて、私のすべての姿を見られるの
ですから(笑)犬だからこそ、誤魔化しが聞かないだろうなぁ〜
なんて、自分の都合の良い方に考えてみたりします。(^^;
犬の好いところ、ダメなところ、人間も同じく。。。補いながら
生活をしていくってのは、味があるような気がします。

犬とこんなふうに暮らしましょう〜!?
そんなこと、いつから真剣に考えるようになったのでしょう〜?
少し違った接し方をしたりなんかすると、批判を受ける!?
なにもかも、同じパターンを成立させる!?

変に気を使って生活するのも疲れます。(笑)

そんな事より、犬の気持ちが多少なりとも、わかっていれば、
それでいい様な気がします。

* 14:46 * comments(0) * - *
犬と自分らしく生きる
なんだか私にすれば立派なタイトルなのですが・・・(笑)
読んで下さっている皆さんからすれば、当たり前過ぎること
かもしれませんね。
そーんな事すら、私は見失っていました。

犬たちと遊ぶために、
毎週末、主催者側の用意されているイベントに参加する日々が、
ついこの間まで続いていました。
それでも、ここ1年は随分、減っていましたが…(^^;

その生活パターンに慣れてしまうと、何時も犬と何かをしなければ
いけないと言う気持ちに追いやられていたところがあります。

犬と何もしない休日なんて、ありえない?(笑)

どうして犬と何かをしなければいけないのか?
どうして犬に何かを求めるのか?

もう止めよう!
って、思わせてくれたのがオペラです。

まわりを意識しないで、私らしく無理をしないで犬と暮らそう〜

つらつらと自分の気持ちを整理するためにも、これからもこのエッセイで
日々綴っていければと、思っています。
* 15:36 * comments(1) * - *
<< | 2/2PAGES |