<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
まだまだ、わからないこと。。。
ラブラドールのピアスに『来い!』って呼んだ時、
来いって言葉に気づきながらも「もう少しいいだろう〜」って、
ふらふらされると、ピアスに感情的に腹が立つ私。。。

でも、これがボーダーコリーの千里だと、
『来い!』って言うタイミングが、遅れた私が悪いんだーって、
千里には腹が立たなくて、自分のせいにしてしまう。。。

これは、暮らしてきた月日のせいなのか?
千里とは、まだまだ意思の疎通が出来ていないと、思っているのか?

本当のところ、わからない。

信頼されていると信じて疑わないピアスに取られた行動が
ショックなのか?
千里は、まだまだ未熟?って思っているのか?

どうして、ここまでピアスには感情的になるのか?
わからないなんて・・・。

ピアスに対しては、服従させなければって、気持ちがあるのかな?
なぜ、あるの?なぜ、ピアスには優等生でいて欲しいの?

ボーダーコリーだと、服従なんて気持ちにならない自分も、実は
知っていて、犬たちの意見を聞く余裕もあるし、反対に、気持ちを伝えて
欲しいなんて、付き合うスタイルから違うではないかー!?

個性の違い?
犬種の違い?

あーー、まだまだ、自分の気持ちすら、コントロール出来てないし、
1頭1頭の個性を、しっかり見定めて、自然体で付き合っていくなんて、
私に出来るのだろうか?
* 16:35 * comments(0) * - *
ピアスの椅子取りゲーム
夏の間は、そこらへんに転がっていた犬も、寒くなってくると、
ソファーや座椅子とかの暖かい場所を探して、居場所を確保します。

一応、4つ、いろいろと犬の寝場所はあるのですが、
1つだけ、お気に入りがみんな一緒らしく、その場所を取る
かけ引きが、最近、とても面白いです。

ピアスは、そこは自分の場所と思い込んでいるのですが、
なかなか、その場所をとるには、頭を使わなくてはなりません。

千里ごときが寝ていたら、吠えて退かす事ができるのですが、
オペラとパトラは、なかなか簡単には、動きません。

先ず、オペラの場合は、猫です。
猫の存在があれば、猫を追い続けるので、ある場所へ移動します。
そのすきを狙って、ピアスが移動するのですが、それが早い早い!
すばやい動きが、この時だけ見られるのですが、めちゃくちゃ面白い!
それを見即なうと、「しまったー!」って、流れ星を見損なうほど
悔しい出来事です。(笑)

パトラの場合は、とにかく私たちに視線を送り、パトラを退かせてくれと
「きゅーきゅー」と催促します。
パトラもそれが、わかっているけれど、知らん顔!
面白いので、そのままにしていると、だんだん、ピアスの声が大きく
なってきて、TVも集中して見られなくなるので、パトラを呼ぶことに
なってしまいます。

結局、最終的に、ピアスがその場所に落ち着けるのが、
夜の10時過ぎ。。。
それまで、いつも誰かしらとの、かけ引きが続いています。

なぜ、最初からその場所にピアスが、いないのかも謎の1つですが、
いつも千里が、1番長い時間そこにいられるのも謎の1つです。(笑)

* 18:39 * comments(0) * - *
ハイキング〜♪
日曜日は、天気が快復して、絶好の行楽日和〜♪
じっとしていられなくて、犬たちとハイキングをすることに。
これ以上の幸せはありません。(笑)

全身バネのように飛びまくり、うれしがるピアス♪
横道に反れ、はめを外しまくるパトラ♪
姉ちゃんの後ろを、「わぁ〜い♪」と、着いて行く千里♪
そんな中、やはり例外は・・・
耳のアンテナをピンと立て、私たちからほとんど離れないで、
何かを守りながら?捜索隊?のように歩くオペラ。。。
横にいる私たちは、そんなオペラに疲れますがな。。。(爆)

そんなオペラを無視するように、二人で離れて、
お互いがオペラを呼び、行ったり来たりと走らせた〜
まぁ、一生懸命走ります。
でも、無理やり走らせているみたいで、つまんないので止めました。(笑)

で、結局、私たちの側にいたいのだからって、リードをつけて
お互い安心の中、ハイキングを続行〜。

今回も、パトラの輝く瞳がみられました〜。
自分でいろいろ考え、行動していくパトラを見ると、頼もしい。
早いスピードで何かに向かって、走る姿も素敵だと思うけれど、
頭で物事を考え、動きを抑えつつ、冷静に動く姿には、惚れ惚れ〜

1番、はしゃいで、心底楽しんで、良く動いたのは、パトラ!(笑)
パトラの後ろを着いていきながらも自分に自信がないと戻っては、
「姉ちゃんが・・・」なんて、不安げな様子で私たちに問いかける
しぐさを見せる千里!(ちょっとした、会話が出来たね)
体力を温存しながら、上手にハイキングをこなすピアス!流石です。
そして、私たちの横で安心感を得ながら、満足そうに歩いているオペラ!

どの子も、それぞれにハイキングを満喫してくれたようです。
秋の1日、犬たちと自然の中で、ゆっくりと時間は過ぎていきました。
オペラと千里には、もっともっと、自然の中で過ごさせてやりたいと、
思いました。


(場所は、田舎で視野が見渡せて、人がまったくいない場所を歩きました。
  出会ったのは、2回だけ、それも遠目から存在に気づいて、
  犬たちとお休みをして待ちながら、挨拶をかわしてすれ違いました。)
* 12:58 * comments(0) * - *
ある秋の1日
ある休日、犬たちと別天地へお出掛けしてきました。

先ずは、犬たちを自由にさせようと遊歩道までお散歩〜。
誰もいなくって、静まり返った田園風景〜

自然の中の犬たちって、そりゃぁ〜生き生きしてる。
遊歩道の一直線コースを駆けっこに燃える犬たち。
(調度、芝が刈ってあって気持ち良さそう〜♪)

一直線を、今まで見たことがないスピードで何度も、何度も
駆け抜ける犬たち。特にオペラなんて、周りの犬を蹴散らかして、
真剣に走るもんだから、面白〜い。
千里は、待ち伏せして追い抜き体制・・・(笑)

みんな〜最高に目が輝いていたねー。

その後、念願の焚き火をしながら、まわりを整理しつつ
食材を焼いたりして楽しみました。
犬たちは、気持ちが良いのか、うたた寝をして静かに過ごしてくれました。
火を焚くって不思議!
どんどん、嵌っていきそうな世界です。(笑)

午後から、ぽつりぽつりと雨。。。
まるで私に、休日はバタバタ過ごすものではないよーって、
天から言われているみたい。(笑)
あきらめて・・・(いったい何を暴れたかったんだー)(爆)
ゆっくりお休みをして、秋の1日は暮れていきました。

また、遊びに行こうね〜。
犬とのライフスタイルが、どんどん変わって行きそうな我が家です。

感謝!
* 15:00 * comments(0) * - *
絆を深める
秋も深まり、犬と外で遊ぶのが、気持ちの良い季節になりました。
今、私が楽しんでいるのは、1対1で犬と近くの広場でロングリードを
つけながらのお散歩〜♪

ほとんど人が現れませんが、咄嗟に人や犬が現れたり・・・
何が起こるかわからない世の中・・・
我が子をしっかり守りたいし、相手の人にも、「犬をしっかり管理
しています。」って事を見てもらうためにも、
リードが着いているなぁ〜って、安心してもらって、
その「リードの長さまでには、近寄らないでね♪」って言う、
無言の意思表示!?のつもりでもあります。

まぁ、その場の雰囲気で、臨機応変に対応していく事を心がけてます。
って、今回は、リードを着けましょうって話じゃなくて・・・(笑)
お散歩〜の話題です。

千里の場合、広場に出て直ぐは、「わぁ〜い♪」の
「それいけーー、坊主!」なのですが、そのうち落ち着いてくると、
右に左にウロウロ・・・(笑)
それを無視して歩いていくと、意識して着いてきます。
その辺りから、少しずつ言葉を交わしながら、
いろいろと、コマンドって言うか、自然な感じで、声をかけていきます。

ゆっくり〜とか、右とか左なんて、指示を出していくと、
私の言葉に耳を傾けてくれるようになり、千里の場合は、
少しずつですが、気まぐれに従ってくれるようになりました。(^^;
オペラの場合は、いちいち「なんだーなんだー。」って、感じで
私に近づいて来るので、面倒くさいこともあります。(笑)

まぁ、完璧を目指しているわけではなくて、声をかけながらも、
気が散っていそうな時や、わざと無視をしているなって時は、
流していく事も多々あります。
木にロングリードが引っかかった場合は、必死でコマンドを
出していますが・・・(笑)
 
そんなふうにして、犬たちと遊び道具なしで、外でも絆が深まって
いければいいなぁーって、思っています。

そんな基本的な躾もって…今さらって言われそうですが、
犬が魅力とする玩具が無い事で、自分をどれだけ意識してもらっているか、
木の匂いより、私の言葉を意識してくれるか・・・
常に大切な事かなぁ〜って、思います。

伸び伸びとした広場で、犬たちがリラックスして目を輝やかせながら
歩いたり、駆けっこをしたりして、絆を深めながら時間を過ごすのは、
意外に楽しいです。

指導権を握りつつも、彼らの気持ちを感じ取り、自分の描いている
理想とする犬に一歩でも近づけるよう、すぐに結果を出すわけではなく
お互いが、リフレッシュ出来る関係を、ゆっくりと作っていければ
いいなぁ〜って、考えています。

* 15:24 * comments(0) * - *
はらっぱの秋。。。


今年の夏、ピアスの大好きな水遊びが、あと、どのぐらい出来るかな〜
って、考えてしまいました。
年々、無理をしない優雅な泳ぎになっていますが、それでも水を得た魚
のようにスイスイ泳いでいます。
ラブラドールである誇りのレトリーブは完璧で、ボーダー小僧が気まぐれに、
おもちゃを捨てると、回収係もすべて受け持ってくれました。(笑)
ピアスに責任を持たせると、生き生きと仕事を頑張ってくれます。

暫くは、残暑の厳しい秋… 人が去った琵琶湖でピアスを中心に遊んで
やりたいと思っています。

パトラと千里は、海辺でも芝生でも目を輝かせながら、無邪気に駆けっこ
しながら走り回っています。
そんな生き生きとした姿を眺めるだけで、こちらも楽しくなってしまいます。
この子たちは、私たちと一緒に、笑顔でリラックスしている中で遊べる事が、
1番うれしいのだと思います。

そして何より夏休みの間、人間にプレッシャーのない生活を続けると、(笑)
オペラが少しずつ張り詰めた緊張から、覚めてくれたのではないかと思います。
まわりを意識しないって事は、オペラには無理だと思いますが、
人間のピリピリした感情のある大会から、しばらく遠ざけて静かに
過ごさせてやりたいと考えています。

人間にとっては、刺激がない生活で淋しいかもしれませんが・・・(笑)
深まる秋を、犬たちと違った形で楽しんでみることにします。

たんこぶ父にとって休む事は、かなりの勇気が必要だったかもしれませんが…!?
そのうち、目覚めてくれることでしょう。(笑)

* 14:34 * comments(0) * - *
今ある幸せ
ようやく夏休みも終わり、私の仕事が午前から夕方へと何時もの
ペースに戻りました。
あれだけ1日が終わる頃からの仕事は、辛いっっーと思っていたの
ですが、差ほどキツクもなく、反対に調子が良いです。(笑)

ここ2,3日は台風の影響で、雨が小降りになった時を見計らって、
犬との散歩に出掛けました。
誰も出没しない時間帯に自由に犬たちと歩けるという事は、とても
気持ちが良いものです。

ひっそりとした町や田園地帯を、のんびり犬と歩く事の喜びなんて
今までそれほど感じていませんでした。
しかし、ふとした瞬間、不覚にも今ある幸せを胸一杯感じたら、犬って
私と同じように高揚してくるんですね。
ふと立ち止まって私を見上げ、私の顔に向かってうれしそうに、つんつん
と、ジャンプしたり、腰をくねくね振りながら、自分の鼻を私の腕に寄せて
来たり……と。(笑)

思わず、胸がきゅ〜んとしてしまいます。

何の目的も持たない、ただ、ダラダラした散歩だったのですが、
私の気持ちにシンクロして喜んでくれた事に、心を通わせる事が
出来て、とてもうれしかったのです。

私はこの先、この子たちに目的も期待もほとんどかけないまま
共に幸せを感じて暮らしていくだけかも知れません。
もちろん、この子たちの気持ちに立って考えてやる事を忘れずに、
お互い無理をしないで、楽しく暮らせていければいいなぁ〜って
思います。

* 15:27 * comments(0) * trackbacks(0) *
犬との距離(その後)
毎日暑い日々が続いているというのに、
千里がベッタリ私にくっついている。(笑)
とにかく、ベタベタ うっとうしいほど側にいる。
こんなに甘えん坊だったっけ?って、思うほど。。。

今までは、オペラが私にベッタリ側に寄り添って
いたが最近では、甘えたい時だけさっと来て、その後は、
千里に譲る形をとっているのか?私の目をいちいち
確認して離れていく。
私の気持ち?なんていうのを汲み取る事が少しだけ
出来るように成長したのだろうか?

今までも人間の視線を1番敏感に反応する子だった
けど、最近では、覗き込むように熱い視線を感じる事がよくある。その視線に答えようと思うし、私の気持ちも伝えていこうと思う。

オペラが私から距離を置いてくつろぐようになったおかげで、
パトラも自然な態度で、千里が甘えていようが、割り込んで
来られる。
どうもこの2頭、お互い気を使わないというのか?
不思議な関係をかもし出している。

こんな犬ばかりだったら、群れとして育てやすいかもしれないが、
勝手かもかもしれないが、面白くないかも・・・(^^;
いや、これが理想ですって威張ろうかな〜(爆)

ところでピアスは、相変わらずマイペース。
自分が甘えたかったら、他の犬にわめき散らしてでも、自分の
思い通りにしてしまう。
最初は、我侭な事をさせていていいものか?って考えたけど、
他の子も、ピアスにだけは一目置いているようで、
我慢っていうのも、覚えさせようかなって思う。
それ見よがしな甘え方をするピアスに・・・
パトラお嬢様の視線は、かなり「ムカつくぅ〜」って言いたげだけど(笑)
* 15:35 * comments(0) * - *
群れって・・・(その2)これから〜
今まで、なんだかんだ言ってもディスク大会が中心だった我が家は、
犬との遊びも、ディスク中心になっていました。

もちろん、犬1頭と人間で、それぞれに短時間集中練習!
を、日々重ねてきました。

その子その子に合わせて、色々と工夫を凝らしたり、
主導権は、人間であったと思います。
そして、大会へ・・・・
4頭もいると、それで精一杯な日常の繰り返しでした。

でも?って、そこで思いました。
そんな日常を、いつまでも繰り返していて良いのだろうか?
犬が4頭もいるのに犬たちの繋がりは、どうなっているのだろう?
家の中で4頭それぞれ自由にして、のんびり過ごさせているつもり
でしたが、意外に見落としていた事も・・・

主導権を握って遊ぶのは私たちでしたが、群れのアルファーに
なれていただろうか?
犬たちは、横の繋がりとか、どんなふうに感じているのだろう?
自分と犬との関係ばかりで、群れとして視野を広げて見る事が
出来ていただろうか〜?

犬同士で、もっともっと、自由に遊ばせる時間を取ってやらなければ、
いけないんじゃないか?
犬の気持ちをわかっているつもりでいたけれど、本当は何もわかって
いなくて、強要する部分が多すぎたのではないか?
犬同士で心を閉ざしていたら悲しい。。。
「はらっぱ〜♪」の群れを、誰も我慢しないで楽しく過ごせるように
するのは、私たちなんだって、気づかせてもらったのです。

色々な事に振り回されないで、あまり前を意識しないで、
自分たちの足元をみつめよう。
今は、犬と暮らす上で、それが1番大切なことじゃないだろうか?
って、思い始めています。

                           …つづく
* 12:25 * comments(2) * trackbacks(0) *
バックヤード!(笑)
庭って言ったって狭い庭なんだけど、
ちょっと、かっこよく「バックヤード」なんて言って
みたくって、この1ヶ月ちょこちょこ頑張ってみた。

農機具を移動させたり、手が付けられなかった、雑草を刈り
とったりもした。
夏場の散歩は日中は行けないし、犬にトイレをさせたり、
犬同士で走れればいいかなぁ〜って・・・

きっと、犬たちが走り回ったり、楽しんでくれるかな?
って、思ったけど、こちらが遊ぶ道具を提供しないと、
部屋から外へ出る勢いだけで、そのあとは、その辺を臭いで
いるだけだった。(笑)

何か遊び道具を投げたい衝動になるのを押さえつつ、(^^;
こちらは、草むしりを頑張る事にした。
オペラは、道路側が気になるのかウロウロ。。。
パトラと千里は、草むしりを始めると、邪魔ばかりしに来る、
ピアスは、草むしりのお手伝いで、むしゃくしゃお口が動いている。

そのうち、パトラが私の背中に手をかけ、
「遊ぼうよぉ〜」と甘えてくると、千里も同じまねをしたくって、
私の背中に勢いよく飛びつく!
そして、スイッチが入って2頭は、走り出す!

で〜も、外に出て緊張しているオペラは、2頭がリラックスして
遊んでいるのが、馴染めず、「うがぁ〜」とか言って、千里を
押さえ込む体制に入る。(><)
そこで、遊びは終了ーー!つまんない。。。

オペラの肩の力はいつになったら抜けるかなぁ〜?
って思った時に、
「もっと、楽に生きればいいのにね〜」
って、メッセージをもらって、
今!目の前で、楽に生きていない自分がいるんだー。
って、気づかせてもらった。

焦らず、ゆっくり楽しんでいかなきゃね〜♪

* 19:06 * comments(4) * trackbacks(0) *
<< | 2/4PAGES | >>