<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
1歳の誕生日を迎えて〜(千里)
早いもので、1才になった千里!
病気も怪我もしないで、すくすく元気に育ってくれました。
パトラの時の様に、何が何でもディスクをして欲しいとか(汗)
オペラの時の様に、頭の成長は大丈夫!?って心配もなく(笑)
ボーダーも3頭目になると、大雑把な育て方になってしまいました。

今、のんびりとお気楽に暮らしているピアス9才と共に
パトラ5才 オペラ2才 千里1才のボーダーライフが、
最高に幸せな日々と感じています。

パトラが1才の頃は、初めてのボーダーコリーって事もあり、
躾やいろんな面で一生懸命で、とても力が入っていました。
フリスビーに関しては、ピアスが出来なかっ事を、すべてパトラに
夢を託してしまったし・・・
そして、すべての面においてそれに応えてくれる子でもありました。
いっぱいプレッシャーをかけてしまって、彼女にとっては、遊びなのか
お仕事なのか、嫌々な時期もあっただろうし。。。
いろいろと、反省する面もありますが、あの時は共に戦い、そして、
今があるのだと思います。
だから、パトラに対する思いは、ひとしおです。

今、千里が1才を向えましたが、パトラの時の様に切羽詰った
気持ちもなく、伸び伸びと、楽しみを見つけながら生活をしてくれて
いる事に、幸せを感じますし、躾の面では、人様に迷惑をかけない様
に育てていこう〜って、思う日々です。

オペラと生活を始めてから、何かが落ちたように心が解き放たれ、
私達の心の持ち方も変わりました。

千里は、私達の気持ち次第で動いてくれる子でもありますが、
こうでなければいけないなんて、概念にとらわれたくありませんし、
要領が良い子ではありますが、逃げ道を探すような育て方は、
したくないなぁーって考えてます。
その辺が、意外に簡単そうで難しいかもしれません。

* 16:32 * comments(0) * trackbacks(0) *
千里の成長 パート2
(千里の成長 パート1の続きです)

千里は、成長するにつれ、ここまでやっても許されるな!などと量る
ような態度に出てみたり、スイッチが入ると異常なほど興奮をして
抑えるのも、なかなかの根性がいる態度に出る事もあります。

叱られる事が嫌いで、先に上手く避けて通れるパトラと違って、
やはりそこは男の子!オペラと千里は、真正面に構えて、本気で
叱らなければならない場面に、何度も遭遇してしまいます。
頑張らなくても良いところで、頑張ってしまうんですよね。

正直に言うと、我家は、叱り方が下手です(笑)
タイミングやもっと腹の底から低い声で叱る方法を、頑張って
試みていますが、本気で真剣に叱っているつもりでも、千里とオペラの
心に響かない事が多々あります。
怒鳴ったり、恐怖を与えて怖がらせるのではなくて、
叱られている事の意味を把握して欲しい、私の気持ちを理解して欲しい、
も、込めているのですが。。。

オペラの場合は、根が単純な男の子ですから、深く思考が働かなくても、
一瞬で「いけないんだー」ってわかってもらえる状態に持って行く事が、
ようやく可能になってきたのですが、
千里は、男の子=単純な中にも、自分の我を通したい所があるのです。
なかなか、一筋縄ではいかない面が見え隠れしている気がします。
こちらの気持ちを理解してもらうには、根気のいる作業だと思います。

直ぐに全てを理解してくれるとも思えませんが、
聞く耳が持てるのですから、もっともっと深く心にぶつかって
やりたいと思います。
まだまだ10ヶ月を過ぎた千里ですから。。。

ちなみに、オペラは2才!最近、「自分がすべてを守るんだー」と、
勘違いしている以外は、マイペースでなかなか、立派な男の子に成長
してきていると思います。。。(笑)


* 19:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
千里の成長 パート1
さてさて、千里の話です。

千里が我家に来た頃はぬいぐるみの様におとなしい
と、「はらっぱの日々」などに記していました。
3頭の先住犬がいる中で、自分の立場をわきまえる術を持っていた
と思います。
でも、どの子も術を持っているわけではなくて、オペラの様に、
先住犬にも人にもお膳立てを、してもらわなければ何も出来ない子
もいます。犬の成長はそれぞれです。

千里は、パトラと雰囲気が近いせいもあり幼い頃は、育てやすかった
のですが、個性を尊重して育てられたか?と、言われると、「はい」
と、返事がし難いです。
愛情も仔犬の可愛さから、なかなか1頭の犬として見てやれなかった
かもしれません。
しかし、成長するにつれ千里の態度が急変して、やっとお互い向き合
って愛情を感じる事が出来たのでした。

それでも、ずーと変更しないで頑張ったのが、
「犬に聞く耳を持たせて、私達の表情を見させる事です」

それは、パトラの時に学習したのですが、大きな声や、物音、けんか
口調の早口や攻撃的な喋りを止めて生活をしてみよう。
それらの全てをパトラが嫌ったものです。
まぁ、家庭円満にもなりますが。。。(笑)

そして、千里に話しかけるのも小さな声で、耳を傾けなければ
聞こえないぐらいにしました。
犬は、耳がかなり良いです。
必死で話を聞こうと意識が生まれ、私達の目や表情を一生懸命
見てくれる様になったと思います。
聞く耳を持って欲しかったから、大声の指示や大声を出して叱る事は
よほどの事が無い限り極力止めました。

ただ、千里の場合薄々感じていたのですが、パトラのように繊細で
は、なかったのです。(笑)
犬同士で遊び、何かの拍子にどんな攻撃を受けても打たれ強いし、
自分でこうだー!って思った瞬間、引く事が出来なくて、形では
オペラの前では引いては見るけど、「僕は間違ってない」と言う
目をこちらに訴えてくる事があります。 (つづく)
* 11:53 * comments(0) * trackbacks(0) *
千里のいない 長い1日
千里が我が家に来て、6ヶ月過ぎました。
まだまだ、子供で、目が離せなく一緒に遊んでやらない
と、次々に悪戯や破壊行動に走る日々が続いています。

家で用事をしている時も、千里の気配を感じなく
なった瞬間「千里はー?」と、千里の存在を片時
となく意識しています。

だからって、自然だし無意識にとっている行動なので、
それほど、千里にしても私にしても、堅苦しくは
ありません〜。
ただ、注意を向けているだけ?
命にかかわる事や、絶対やってはいけない事以外は、
ほとんど、好き勝ってにやらせているかもしれません。

もちろん、見れないときや留守番の時は、
ハウスしてもらってますが。

まぁ、そんな日々を送っていたのですが、
今日は千里の去勢手術の日でした。

朝から、病院へ連れて行って千里のいない家は、
平和というのか?先住犬たちは、静かに寝ている
ばかりで、退屈です(笑)
誰も、私の仕事の邪魔をしないし、ここまで寝るかー
ってぐらい、おもいっきり眠っています。
先住犬たちも、それなりに千里に意識して気を
使っていた所もあったのかもしれません。

私も存在を目で追わなくてもいいのですが、
仕事も用事も手に着きません。
緊急に電話が鳴らないかと?ドキドキ。。。
昼食も忘れていました。

まだ、夕方まで長い1日です。
* 14:19 * comments(0) * trackbacks(1) *
千里のマイブーム♪
ボーダーコリー3頭を、自由に遊ばせると、それぞれの個性が出て
とても面白い!

最近、1番下の7ヵ月の千里がハマッテイルのはサッカーだ!

パトラ姉ちゃんと同じ様な動きをして、サッカーボールをドリブルしながら
ボールを動かす。その間、パトラは千里のまわりをグルグルと回り、ボールを
手に入れたら、千里が、その回りを走るといった具合だー。
真剣に見ていると、ボールの位置関係、犬の位置関係に合わせて、上手く
動きを合わせている様に見える。

んっ。。。。
オペラはどうしているって?
それが、ジーと2頭の動きとボールを見ながら伏せているんだよね(笑)
そして、ボールが何かの拍子で、2頭から遠くに離れた瞬間、凄いスピードで
走りだしボールを止める動きを取るの。
そして、そこにまた伏せるの。

オペラの動きが止まると、またボールはパトラにパスされていて、千里と
ドリブル&パスで遊ぶって感じ。。。
3頭が集中して、それぞれの役割で遊ぶことが出来るなんて、素晴らしいなぁ〜

千里は、こんなふうに、サッカーやったり、夏は泳いだりして、色々と
楽しい〜♪ってモノを身につけて行くんだろうなぁ〜。
いろいろ経験すればいいさー!
また、オペラとは感じ方が違いそうだー。

で、きっとディスクは、「あまり楽しくないよぉ〜」って言うんだろうなぁ〜(笑)



   By 千里♪
* 21:13 * comments(0) * trackbacks(0) *
<< | 2/2PAGES |