<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大雑把 | main | 犬に感謝な1年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
オヤツから〜
最近、日記の方には、書いていたのだが、千里にオヤツ作戦で、
異常たる興奮を抑えられ、家から外への出入りを、スムーズに
行う事が出来るようになった。

もっと、他の方法で理解させたほうが、いいのじゃない?って、
言われそうなのだが・・・、
あらゆる言葉やモノを使っても、ほとんど、その場限りとかで、
不可能に近かったし、お互いが冷静になるのは難しかった。

そのオヤツだが、オヤツを見せると「即、食べたい!」ではなく、
どうしたらこの人から、オヤツをもらう事が、出来るのかを
考えているようだ。(って、ことが後でわかった飼い主である)

つまり、与えるまえに、コマンド!でもいいが、とりあえず千里の
様子を見ていると、「おすわり?それとも伏せ?なんでもしますよ」
って感じで、飼い主を見て何かに応えたい行動へと出るので、
こちらとしては、有利な立場なので、ひじょうに楽である。

そこで、私は、コマンドは出さなくて、落ち着ける言葉を千里に
囁きながら、リードをつけ、ドアを開ける。
その後、今までなら外の視界に、大興奮!で、誰かが通って間が悪けりゃ
大変な思いをしたけれど、今では、外より私の視線に釘付け!

そこで、「いい子だね。これから、落ち着いて散歩しょうね〜」
って、声をかけ、お座りさせてオヤツを与える。

オヤツをもらった千里は、その後は興奮することなく自然な形で、
外へ歩いていける。

ただ、これだけ。
ただ、これだけの事なのに、大変な思いを日々続けていた私であった。
* 11:41 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 11:41 * - * - *
 コメント
 コメントする