<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2007年 冬 | main | 動かないと死んでしまう・・・って? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ピアスのこれから〜

ピアスが、いきなり吠えて指示を出すようになりました。
で、どうして、こんな事になったんだろうって、考えました。

例えば、いつも水を飲めるようにしてあるお皿に、水が入っていないとします。
すると、うちの、3頭のボーダーたちは、1番最初から吠えるって
ことはなく、人間を見つめ、お皿をみつめ、視線で伝えてくるように思います。

で、人間がそれに気づかなかったり、他の用事で手をとられていると、皿に
触れてガチャガチャしたりと、動き回って伝える行動に出ます。

それでもわからないと、人間の袖を咥えたり、前足で人間に触れて伝えてきます。
そして、それでもダメなら、最後の手段、吠える気がします。

この段階を踏んでいくと言うことが、私の頭にあり、皿の水以外の
違うパターンにしろ、直ぐに気づくか、吠えるまでには対処をしようと
思います。

が、いきなり吠えるピアスには、こちらが驚かされてしまいます。
で、よく見ると、吠えてから視線を送ったり・・・、と、行動が逆になっています。

で、いろいろと考えました。

気づいてくれそうにないから、先に吠えて知らせる。と、学習した。
(吠えたら、直ぐに動いてくれるから(^^;)
年齢的に、気が短くなった・・・!?

ついこの間まで、かまうと、離れていったり、うっとうしがられたのに・・・、
犬って、年齢を重ねると、我がままを言ってみたり、甘えたい年頃に
戻っていくのかもしれません。
誰からも愛される、可愛いお婆ちゃんになってもらうのも、私がいかに
ピアスと付き合っていくかに、関わっていく気がします。

そして、それを年下の犬たちも、良い方向に見つめていって、欲しいものです。
老犬を抱える群れが、優しい群れになれますように〜。


オペラ!世界は、おまえ中心には動いていないんだよ〜
* 10:16 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 10:16 * - * - *
 コメント
 コメントする