<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
犬たちのテリトリー


今までピアス以外の犬たちは、2階で生活していたが、
よく考えれば、もう何の支障もないことに気がつき、
犬たちを自由にしてみた。

パトラは、人間の横がいいのか、とりあえず、私にくっついて行動するか、
その周辺にいる。

何考えているのか、よくわからないのが、オペラ!
今までどおり、慌てて2階へ上がっていく(−−;
奴は、習慣・規律を重んじるタイプだー(笑)
ちぃちゃん(猫が2階の戸袋で生活している)と、一緒にいたいのか?
下は、慣れてないので、落ち着かないのだろう・・・。

千里は、1階!
2階へは、絶対上がらない!
だって、オペラとは、距離を取りたいし、外へ出て遊びたい事を
考えてばかりいるので、1階に居る方が都合がいい。
こいつは、頭の回転が半端じゃないからね。

ピアスは、千里とは、何の支障も無いらしく!?
一緒でもそれほど、ストレスを溜めない。

犬たちは、それぞれに快適になったと思う。
しかし、私は、今まで以上に犬の視線を感じて、
監視されていると思うのは、気のせいだろうか?


* 15:20 * comments(0) * - *
ゆるり、ゆるりと〜
最近、ゆるり、ゆるり〜と、犬と暮らしています。

決して、ゆるりタイプの犬ではなく・・・(笑)
血気盛んなオスが2頭、じっとしていないお嬢と、
相変わらずテンションだけ高く、自己主張する喧しい老犬と、
見るからに、黒くて怖そうな犬が4頭もいるのですが・・・、(^^;

その上、欠点を上げればキリがなく、
フレンドリーには、ほど遠く、
落ち着いた犬にも、ほど遠く、
オス2頭なんて、信頼なんて言葉は、程遠く、(笑)

なのに、どーにかしなきゃ〜って、焦りもなくなり、
いえ、決してあきらめた!というのではなく、
どういう状況なのか理解したかったんだと・・・、
自分なりに。

今思うと、火に油を注ぐのはもう止めよう〜
だったんでしょうね。(笑)

今の生活になって、
別に犬は変わっちゃいないだろうし、状況次第で、以前より悪く
なってしまうかもしれない。
その事は、いつもキモに命じていなければいけないし、
油断してはいけないと思ってます。

その上で、犬との自分なりの生活が出来ればいいなぁ〜
ゆるり、ゆるり〜と。

JUGEMテーマ:ペット


* 16:08 * comments(0) * - *
山犬、家犬。。。
すっかり山犬になった千里。
元気ハツラツで、ほ〜んと、お山が大好きです。

それに比べ、オペラ・・・。
1日目は、わくわくドキドキですが、
2日目になると、何にそんなに神経を使っているのか?疲れています。
ええ、決して動き過ぎで疲れた〜じゃなくて、
違う環境に放り出されて、違うモノ音なんかに神経を尖らせているのでしょう。

なので、うっとうしいほど、人間の周りから離れないか?
それとも、車のゲージを開けてやると、そこのほうが落ち着くらしいです。(^^;
折角、オペラが楽しめてリラックスできる、自然に囲まれた静かな環境なのに、
なんてこったー!です。(笑)
まぁ、夜もピリピリして寝ていないみたいです。
なので、帰宅時間になると、1番に車に乗り込みます(−−;

他の犬たちは、1日目の夜は、ソワソワわくわく、早く遊びた〜いで、
寝なくて、2日目からは、遊びつかれてグッタリするのにね。
まぁ、それが普通の犬なんですが。

で、オペラは帰宅した途端、自分の部屋に戻って、うんともすんとも
言わないで、グッスリ眠りについてしまいます。
こんなに箱入り坊ちゃんで、家の大好きな犬って、ツイツイ、ナサケナイナァー
ト、タメイキヲツキツツ、カワイイデス・・・。
* 11:35 * comments(0) * - *
ほどほどに暮らす
犬たちと生活を共にするってことは、ただ、それだけなのに、
奥が深いなぁ〜って、思います。

人間でも、距離を置いたり、時間を置いたりするほうが、
上手くいく場合が、かなりあります。

犬とも、距離をとってあげたり、犬ひとりの時間を作ってあげたり、
犬同士でも意識しなくてもよい環境とか・・・。

それでも、くっ付きたがりの甘えん坊とか、
戯れるのが好きだとか、つるんで悪さを考えているとか、
賑やかにワイワイするほうが好きとか、
気がつけば一人ぼっちになってしまうタイプとか、
絶対一人でいたいタイプとか、

なんだか、人間模様をみている様で・・・(^^;
それぞれだなぁ〜って、思います。

気がついたら一人になってしまっていたー。
仲間に入ろうとするが、上手く入るきっかけがわからないー。
どうしても、無視されてしまうー。

な〜んてのも、群れで発生してしまいます。
その子を見ていると、犬同士より、ひとりっ子で暮らした方が、
何十倍も幸せで、何の苦労も心配も悩まなくてもすんだかもしれない
なぁ〜って、思うこともあるのですが・・・、
それでも、負け犬!ってタイプではないので(笑)自分の力を誇示したり
寂しがりやな面もあるので、自分なりに楽しんでいるようにもみえます。!?

でも、それもすべて犬のことなので、本当のことはわからないが、結論です。
結局!本当のことがわからないから、ほどほどに上手く、人間と暮らしていける
のかもしれません。

あくまでも、ほどほどにです。
それ以上望んだら、人も犬も健康的には、暮らせないのかもしれません。(笑)
* 18:19 * comments(0) * - *
自然体ってこと。


ピアスの頃、世間では、犬の社会化が出始め、
犬を子供の様に!?その波に乗っかって、社会性も身につけるべく?
頑張ってみたりした。
思い込みかもしれないけど、みんな同じ方向を見つめていた様な気がする。

最近は、犬の社会性も多様化して、訓練、競技会、大会、イベント…、
犬と人間の関係も様々で、犬に対する認識度もかなり違って複雑だ。

何かの波に乗っかって、努力しつつ、犬と張り合いのある生活を送るのも
充実していて、楽しく過ごせるのだが。。。
なんだか、そう言うのも、もういいかなぁ〜って、思っている間に、
面倒くさくなって、引きこもってしまった。(爆)

まぁ、それでも、犬4頭との暮らしは、以前に比べると格段の差で、
変化して、面白可笑しく、充実した日々を過ごせている気がする。

犬と共に自分自身頑張ったり?競い合う事がなくなると、もちろん、認めて
もらいたい?って気持ちが、なくなるわけだから、犬との付き合いも、
少しずつ自然体に、近づいてきたのかもしれない。。。?

自然体に付き合うって、口にするのは簡単だけど、今、もやもやっと、
こういう事なんじゃないかなぁ〜と、思う。

* 15:45 * comments(0) * - *
時間の流れ〜
週末、山小屋で暮らすと、時間がゆっくり流れているように感じます。

年齢と共に、時間が目まぐるしく過ぎていくと思っていたのですが
どうも、そればかりではなさそうです。

山小屋で情報を得るのは、ラジオだけ・・・(笑)
TVもなければ、電話もネットも繋いでいないし、おまけに携帯も微妙に
電波が届かないところにいます。
おかげで、空を見て、自然を眺め、そして犬達を見る時間が増えました。

普段は、多くの情報が否応なしに入ってきます。
その中で、大切な情報と、どうでもよい情報を、処理をする時間が、
増えていたり、大量の情報の洪水の中で、判断をすることに、
頭がどんどん使われて、いらない情報に戸惑い、どうでもよい時間を
費やしてしまったり・・・。

私の場合、自分でコントロールできないタイプで、そんな時、環境を
切り離してしまうことで、一時的にでも普段の生活から離れるのは、
頭がくらくら状態から、すっきりと回復へと向かう気がします。

今までは、暇とか退屈って、とても嫌なものでした。
時間に追われる日々の方が、充実感を得られるなんて思って暮らしていました。
犬との生活だって、次々と結果なんかを、求めてしまっていました。

けれど・・・、
太陽が杉の木に隠れたら、木の枝を焚き付け、炭を熾そう。
そんなゆったり流れる時間に身を置いて、犬と共に分かち合えるしあわせ〜、

何かに追いかけられて、挙動不審!?
それは、オペラではなくて、私だったんですね。
* 17:07 * comments(0) * - *
山小屋での生活

今年の春から週末は、少し山奥の自然に囲まれた山小屋で
犬たちと遊び始めた。

ここを、初めて見たとき、
鬱蒼と茂った木々たち、足の踏み場もない雑草と・・・、
さっさと刈り取って、犬のために柵を作ってしまえばいいかー
って、思っていたのだけれど。。。

何度か通ううちに、木々たちが自然にとけ込んでいて、
いろいろな花を咲かせてくれるたびに、次は、どんな花が咲いているかな?
って、楽しみになってしまっていた。

そうなると、刈り取るって言葉から、手入れをするって言葉に変化していて、
犬と私たちが、足を踏み入れて過ごさせてもらっている気持ちになった。

自然の風景を、ぼんやり眺めるのが、ここへ来ての習慣になり、
喧騒から逃れて、心がどんどん落ち着いてくる。
犬たちにも、ここでは、刺激を与えず、こちらから遊びを要求することをしないで、
ありのままの姿で、過ごさせてみよう。

いくらかの思い込んでしまった荷物を、今、私たちは下ろしているところだ。
* 09:47 * comments(0) * - *
またまた、オペラと千里
オペラと千里のオス2頭の付き合い方を、別々に考えてやらねばと、
最近、意識して行動をするように心がけています。

まぁ、家の中では平和に4頭、ゴロゴロと寝ていたり、走り回って遊んだりと、
別に取り立てて考えなくても、楽しく暮らせています。

しかし、1歩外へ出ると、弱虫のくせに、頑張ろうとするオペラ!
そして、見方をいっぱいつけて、強気な千里と、どうも、男の子って
良い格好をしたがります。(笑)

その辺の行動が、私にとっては厄介です。

1番堂々として、どんなことも動じないピアスからすると、神経の細い野郎共には、
きっとうんざりしていることでしょう。私もうんざりです。(笑)

で、最近は、オペラだけ、千里だけで、別々に外へ連れ出す形をとっています。

そうなると、オペラは途中から、神経ピリピリしてきて、あまり遠出は
好まないし、千里は反対に、自由奔放に何処までも歩きたがります。

オペラは、家の中でくつろいでいる時が、1番幸せそうだし、
千里は、私とだけ何処までも散歩を続けるのが、1番幸せそうです。
まぁ、たんこぶ父がいる時は、広場で順番に走らせたりしますが、
(その時の、オペラとたんこぶ父の信頼関係は、また別物です)

で、な〜んとなくですが、私とオペラの関係の中で、無理をしない過ごし方が、
どんどん自然な形になってきた気がします。
オペラに、「みんなと同じように何かをしてやらなければ〜」って、
気持ちが、薄らいできたのかもしれません。

オペラとは、オペラなりに、肩の力を抜いて〜、
そして、千里とは、オペラと違った接し方を考えて、進んでいこうと思っています。
* 15:02 * comments(0) * - *
私にとってボーダーコリーって、
私にとって、ボーダーコリーって何?なんて、最近、何も活動らしき
事をしていないと、考えてしまっていた。

そんな中、千里が面白い犬になりつつある。と、漠然と思う。
千里に関しては、難しい躾もしていないし、何か目標に向かって
頑張っているわけでもない。
ようやく2年という月日が過ぎ、兄ちゃん、姉ちゃんと暮らして、
こんなふうに動けば、兄ちゃん姉ちゃんも、ボクと遊んでくれたり、
動いてくれたりするんだ〜なんて、ちょっぴり自分に自信をつけ、
自分で考え、楽しんでいる気がする。

犬にとって何が幸せなのかわからないけど、
安心できる暖かい家庭と、食事がもらえ、落ち着いて眠れて、
そして、「わぁ〜い♪」と、あまりストレスのかからない場所で、
遊んでやることが出来れば、いいかなぁ〜って、思う日々…

散歩に行くのも、無理をさせてまで、激しい車、人通りを歩くことも
ないだろうし、
犬と出会うのも、相性が悪くて興奮しそうだったら、出来る限り
そういう環境を避けてやればいい。

以前は、どんな状況にも慣らさせねばって、頑張った事もあったけど、
人も犬も、くたくたになって、何も良いことは生まれなかった。(笑)
今は、少しでも気分よく散歩が出来る時間を過ごさせてやりたいって思う。

私達が犬に対して、前を向く方向が変わった地点で、
千里の行動を見ていると、ボーダーコリーって、実はこんな犬だったんだー
って、あらためて、わかった事が、いっぱい出てきた。(ヒ・ミ・ツ)
今まで暮らしているパトラ・オペラにとんでもなく傲慢だったなぁって、
申し訳なくなるほど・・・

人間性が変えられてしまうなんて、罪な犬かも知れないけれど…。

それだけ、ひたむきに生きている犬たちを、しっかり見て、受けとめて
やろうと思う。
* 13:23 * comments(0) * - *
群れって不思議。。。
なんだかんだ言ったって、結局は犬のほうが、一枚上手だ!

オペラが私の側にいたら、千里は、どうやったらこちらへ来れるか
考えるものだ。
ボールを遠くから足で転がして、オペラを誘ったり、
私の大事なものに悪戯して、私が慌てて、千里のところへ
走らされたりと・・・(−−;
千里が甘えたい時は、自分なりに考えているようだ。

* 21:29 * comments(0) * - *
| 1/2PAGES | >>